医師法17条①

平成30年11月14日に,医師法17条の医業の解釈についての高等裁判所の判断がでました。
今回はこの判決について3回にわけてご紹介します。
この裁判は,被告人が,医師でないのに,業としてタトゥーショップにおいて針を取り付けた施術用具を用いて皮膚に色素を注入する医行為を行い,もって医業をなしたものとして,医師法17条違反の罪に問われたものです。
原審では,被告人の行為が医師法17条の医業に該当するとして,被告人は有罪とされていました。

原審の判断に対しては不当であると考える弁護士も複数いました。
そして,高等裁判所は,原審のこの判断を覆し,被告人を無罪としたのです。
以下,高等裁判所の判断を抜粋します。
まず,高等裁判所は,原審の判断の概要として以下のとおり述べます。
原判決は,本件の争点を,〔1〕針を取り付けた施術用具を用いて人の皮膚に色素を注入する行為(以下「本件行為」という。)が医師法17条の「医業」の内容となる医行為に当たるか否か,〔2〕医師法17条が憲法に違反するか否か,〔3〕本件行為に実質的違法性があるか否か,であるとして,後記のとおり,〔1〕については,本件行為は医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為に該当する,〔2〕医師法17条は憲法31条に違反するものではなく,また,本件行為に医師法17条を適用することは憲法22条1項,21条1項,13条のいずれにも違反しない,〔3〕本件行為には実質的違法性が認められるとの判断を示し,本件公訴事実どおりに罪となるべき事実を認定した上,本件行為に医師法31条1項1号,17条を適用して被告人を罰金15万円に処したものである。
(1)本件行為の医行為該当性に関する原判決の判断要旨
ア 原判決は,「医行為」の意義について,医師法17条は,医師の資格のない者が業として医行為を行うこと(医業)を禁止しているところ,これは,無資格者に医業を自由に行わせると保健衛生上の危害を生ずるおそれがあることから,これを禁止し,医学的な知識及び技能を習得して医師免許を得た者に医業を独占させることを通じて,国民の保健衛生上の危害を防止することを目的とした規定であるとし,同条の「医業」の内容である医行為とは,医師が行うのでなければ保健衛生上危害を生ずるおそれのある行為をいうと解すべきである,と説示する。
イ そして,原判決は,医師法17条及び同法1条の趣旨や法体系から,「医行為」とは,〔1〕医療及び保健指導に属する行為の中で(医療関連性),〔2〕医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為をいうと解すべきであるという弁護人の主張に対し,その主張によれば,医療及び保健指導に属する行為ではないが,医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為(美容整形外科手術等)を医師以外の者が行うことが可能となり,このような解釈が医師法17条の趣旨に適うものとは考えられないし,弁護人の主張は,法体系についての独自の理解を前提とするものであるとして,弁護人の主張を排斥している。

続きは次回のブログでご紹介します。

景品表示法の優良誤認表示・有利誤認表示

景品表示法5条は,「著しく優良であると示す表示」(1号,優良誤認表示)や「著しく有利であると一般消費者に誤認される表示」(2号,有利誤認表示)をすることを禁止しています。
禁止される表示は,実際の商品・役務の内容・取引条件よりも著しく優良または著しく有利であると一般消費者に誤認される表示です。
これは,景品表示法の不当表示規制の趣旨が,表示事業者と一般消費者との間に商品・役務の内容・取引条件についての情報や知識に大きな格差がある蓋然性が高く,表示対象商品・役務を選択する際に事業者による表示を主な手がかりとすると考えられる一般消費者が適正な選択を行えるよう,適正な表示を確保するという点にあることに基づきます。
景品表示法が,一般消費者に誤認される表示を行うことを禁止しているため,事業者が一般消費者に向けて商品・役務について示す表示が,景品表示法上の不当表示規制の対象となります。
優良誤認表示,有利誤認表示,いずれもおおむね以下のパターンに分けられます。
優良誤認表示
実際の商品・役務の内容よりも著しく優良であると一般消費者に誤認される表示
競業事業者の商品・役務の内容よりも著しく優良であると一般消費者に誤認される表示
有利誤認表示
実際の商品・役務の取引条件よりも著しく有利であると一般消費者に誤認される表示
競業事業者の商品・役務の取引条件よりも著しく有利であると一般消費者に誤認される表示
たとえば,一般消費者が実際よりも「有利」であると認識し取引に誘引される表示の例としては,価格等を事実より得であるかのように示す表示の他,価格等そのものは事実であるものの当該価格等が特別な期間や特別の者だけに適用されるかのように示す表示も挙げられます。
ずっと同一価格で販売しているにも関わらず,今だけ○○円,などと表示をして販売することは,一般消費者が実際よりも「有利」であると認識し取引に誘引される表示の例と言えるでしょう。

実際に私が勤務している名古屋でも今だけ○○円としているお店を見かけることがあります。
今だけ期間限定で割引されるという表示は,いつかは対象商品・役務を利用してみたいと考えている一般消費者に一歩を踏み出させる契機となるものであり,表示と実際の相違は,一般消費者による商品・役務の選択に影響を与えるので,「著しく」有利であると誤認される表示であると判断されやすいでしょう。
近年,このような表示に対して消費者庁が措置命令を複数行っているということもあり,特に注意が必要と言えるでしょう。

医師法第17条の「医業」

医師法17条は,「医師でなければ,医業をなしてはならない」と規定しています。

ここでいう「医業」とは一体なんでしょうか。

平成17年7月26日医政発第0726005号は,「医業」とは,当該行為を行うに当たり,医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし,又は危害を及ぼすおそれのある行為(医行為)を,反復継続する意思をもって行うことであると解しています。

また,医行為の該当性について,大阪地裁平成29年9月27日判決は,医師法17条の「医業」については,一般に「医行為を業として行うこと」と解されている。医行為の意義が問題となるが,学説上の通説は,「医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為」と解しており,判例も同旨であると理解されている。と述べています。

もっとも,ある行為が医行為であるか否かについては,個々の行為の態様に応じ個別具体的に判断する必要がありますし,「医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為」とはどのような行為であるか問題となりえます。前掲大阪地裁平成29年判決は,医師免許を有しない入れ墨の施術業者である被告人が,業として,針を取り付けた施術用具を用いて皮膚に色素を注入する行為(いわゆる入れ墨)を行ったとして,医師法17条の罪に問われた事案で,被告人の行った行為が「医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為」すなわち医行為に該当すると判断しています。

前掲大阪地裁がかかる判断をした理由の全ては今回は割愛しますが,おおまかにいいますと,被告人の行っていた入れ墨行為は皮膚表面の各層のバリア機能を損ない真皮内の血管網を損傷して出血させるものであるため,細菌やウイルス等が侵入しやすくなり,皮膚障害等を引き起こす危険性を有していること,施術に使用される色素に重金属が含まれていた場合には,金属アレルギー反応が生じる可能性があるし,重金属類が含まれていなくとも,色素が人体にとって異物であることに変わりはないためアレルギー反応が生じる可能性があること,入れ墨の施術には出血を伴うため,被施術者が何らかの病原菌やウイルスを保有していた場合には,血液や体液の管理を確実に行わなければ施術者自身や他の被施術者に感染する危険性があること,などを理由に被告人の行っていた入れ墨行為が保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為であることが明らかであると述べています。

なお,本判決は,裁判官や弁護士のような法律家であっても,具体的事案を考えるにあたっては,医療のような他分野における知識が必要となる場合があるということを再確認できる内容の判決でもあります。

興味を持たれた方は,是非一度判決の全文を見てみると良いかもしれません。

本日のブログは以上です。

 

弁護士を選ぶポイント

1 弁護士を選ぶ際に重視するポイント

弁護士を選ぶ際のポイントとしてまず大切なのは,相談者が相談したい内容を得意とする弁護士に相談・依頼をするということです。

弁護士の中でも得意分野は分かれているため,相談したい内容を得意としている弁護士を探す必要があります。

たとえば,交通事故を集中的に取り扱っており,交通事故に関する知識・ノウハウについては膨大な蓄積があるけれども,交通事故関連以外の法律にはあまり詳しくはないという弁護士もいます。

また,たとえば,相談者の方の債務に関するご依頼について得意としており,債務整理等に関する相談であれば他の弁護士よりも的確にスムーズに受けることができるけれども,債務整理等に関する相談以外の相談はあまり得意としていないという弁護士もいます。

そこで,弁護士に相談をする時には,自分の相談したい内容を得意としている弁護士を探し出して相談することが重要となってきます。

2 相談する弁護士を決める際のポイントはその他にも

次に弁護士を選ぶポイントとして大切なのは,料金です。

最近は,相談料無料と記載している弁護士事務所も多くなってきました。

どこまでの相談なら無料であるのか,いつまで無料で相談を聞いてくれるのか,このような細かい点は弁護士事務所によって異なる場合があるので,一度問い合わせてみて,納得した上で相談をするということも弁護士を決める際のポイントになると思います。

このほかに,弁護士を選ぶ際のポイントとしては,実際に相談・依頼をする弁護士の人柄という点も考えられます。

訴訟に強いと噂でも,高圧的な態度でしか接してこない弁護士には依頼をしたくないと思う相談者の方は比較的多いと思われます。

案件の内容によっては,長い期間弁護活動をしてもらうことになる相手ですので,人柄というのは弁護士を決める際の大切なポイントとなりうるのです。

他にも弁護士を選ぶポイントはたくさんあると思います。

ご自身にあった弁護士を探して,相談・依頼をすることをお勧めします。

相談する弁護士を選ぶ際には,ポータルサイトを利用することもポイントとなってくるでしょう。

最近では,弁護士を紹介しているポータルサイトを見かけることが多くなりました。

ご自身が交通事故の問題で困っているという場合には,ポータルサイトの中で交通事故を得意としている弁護士を探すということも相談内容にあった弁護士を選ぶ際のポイントの一つです。

初めての法律相談

1 初めての法律相談

法律に精通しているわけではない一般の方が,法律問題にお困りになられた際に頼りになるのが弁護士という存在です。

ただ,多くの方にとって,弁護士に相談をするということは日常的なことではないでしょう。

特に,初めて弁護士に法律問題を相談しようとするときには,いったい何を準備して,何を話せばいいのか分からないと悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで,今回は初めての法律相談の際に確認しておくとよいことをご紹介します。

2 弁護士費用を確認する

まず確認しておくとよいことは,弁護士費用です。

弁護士費用は事務所や案件の内容によっても異なっており,相談料を無料としている場合もあれば,30分で5400円というような基準を作っている場合もあります。

あとで無用なトラブルになることを避けるため,自分の相談に費用がかかるのか否かは,相談をする前に確認をしておくことが良いでしょう。

3 関係資料がある場合には全て準備しておく

相談の際に,資料を持っていくということは重要なことです。

弁護士は,実際に相談者の方の経験を共有しているわけではありませんから,相談者の方の話と持ってこられた資料を見てアドバイスを行います。

あまり重要でないと思っていた資料も弁護士が見ることで問題解決の手がかりとなる可能性があります。

関係すると思われる資料は全て準備して持っていくのが良いでしょう。

4 事実関係を時系列でメモしておく

さきほども述べたように弁護士は相談者の方と経験を共有しているわけではありませんから,まずは相談者の方の話に耳を傾け事実関係を知ることが法律相談のスタートとなります。

この際に,相談者の方が経験した事実を時系列でお話いただくということは,お話をする相談者の方にとっても記憶を振り返りながら話すことができる,お話を聞く弁護士にとっても事実関係を把握しやすい,というメリットがあります。

ただ,実際の法律相談の際に,色々と思い出しながら事実関係を時系列で話すということはなかなか難しいものかもしれません。

そこで,事前に事実関係を時系列でメモしておき,法律相談の当日にこれを持って行って弁護士に話をするというのが良いかもしれません。

5 不利なことも隠さずに話す

誰しも自分にとって不利なことを積極的には話したくないでしょう。

そのようなつもりはなくても,無意識のうちに隠してしまうこともあると思います。

これは人間が自らを守りたいという防衛本能を持っている以上ある程度仕方のないことです。

ただ,事実を正確に把握して的確なアドバイスをもらうためには,自分にとって不利になるような事実であっても全て話すことが重要です。

6 法律問題にお困りの際は,弁護士へ相談を

初めて法律相談をしようとする時には,不安の方が大きいと思います。

その不安に寄り添うために弁護士という職業が存在しているのだと私は考えています。

法律問題でお困りの際には,是非弁護士にご相談ください。

本日のブログは以上になります。

弁護士への法律相談をお考えの方はこちら

労働者とは

1 労働者性
昨今,非正規労働者や裁量労働制といった言葉を耳にすることが多くなり,労働というものに対して法的な関心を持ち始めた人もいるのではないかと思います。
そこで今回のブログでは,労働の中核をなす,「労働者」について記載します。
労働基準法によると,労働者とは,職業の種類を問わず,事業又は事務所に使用される者で,賃金を支払われる者のことをいいます。
ここで,「使用され」とは指揮命令下の労務の提供を意味すると解されており,また「賃金」については,労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものと定義されています。
労働基準法による労働者に該当する場合には,労働基準法の付属法である最低賃金法や労働安全衛生法,労働者災害補償保険法などが適用されることとなります。
労働者に該当すると,最低賃金が保障され,また,労災の適用を受けることなどができるのです。
2 労働者に該当するか
一般的に企業で働いている人の多くは,労働者に該当すると言えるでしょう。
ただし,中には労働者に該当するのか否かが微妙な場合があります。
たとえば,企業経営にあたる者は労働者に該当するでしょうか。
企業経営にあたる者の典型例としては,株式会社における取締役が考えられます。
取締役の中でも,代表権を有しているか,会社内部の意思決定のみならず業務執行を担当しているか等さまざまな違いはありますが,株式会社の経営にあたる者として,諸種の義務と責任を法定されています。
このような取締役は,会社に使用されてその報酬を支払われる者とは異なる地位と責任を法律上定められており,労働者には該当しないと考えられるでしょう。
3 専門的裁量的労務供給者
医師や弁護士,一級建築士など高度の専門的能力,資格を持つ者がもっぱら特定事業主のためにその事業組織に組み込まれて,職務の内容や質量において使用者の基本的な指揮命令のもとにあって労務を提供し報酬を得ているという関係にあれば,このような専門家とされる者であっても労働者といえるでしょう。
医師国家試験に合格した後,大学病院で臨床研修に従事する研修医について,病院のための労務の提供の側面を有しており,病院が定める日時・場所で指導医の指示に従って医療行為に従事し,奨学金等としてその対価を受けていた以上,最低賃金を支払われるべき労働者に該当すると判断した最高裁判決も存在しています(関西医科大学事件)。
労働者という概念に興味を持っていただけたでしょうか。
本日のブログは以上になります。

景品表示法②

景品表示法の制定

前回ブログで景品表示法制定前の広告規制や景品表示法という特別法が必要と有力に唱えられるようになった背景などをご紹介しました。

このような流れの中,昭和37年,いよいよ景品表示法が制定されたのです。

景品表示法では,これまで独占禁止法によって規制されてきた過大な景品類の提供や,虚偽・誇大な広告表示を規制していますが,規制の目的として消費者の保護の観点を重視しているところが従来の独占禁止法による規制とは異なるところと言えるでしょう。

独占禁止法は,市場における公正かつ自由な競争を促進することを目的としており,これを阻害するような不当な景品類の提供,不当な広告表示を規制しています。

これに対して,景品表示法では,「商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため,一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより,一般消費者の利益を保護することを目的とする」(景品表示法第1条)として,一般消費者の利益保護を重視しています。

平成21年には,消費者庁が設置され,景品表示法の所管庁となり,一般消費者の利益保護を重視する流れは今日にも続いています。

景品類や表示については,名古屋に住んでおられる一般消費者の方にとっても遠い存在ではなく,景品や広告を見る際にはこのような法律があることを意識してみてはいかがでしょうか。

本日のブログは以上になります。

景品表示法①

景品表示法制定以前の広告規制

昨今,広告に対する規制が厳しくなってきており,広告規制に関する弁護士への問合せも増えています。

広告に関する規制法として有名なのが,不当景品類及び不当表示防止法(一般に景品表示法,景表法などと呼ばれています)です。

景品表示法の制定前の昭和20年代後半から,日本経済は自由協商を基調とする事業者間の販売競争が激しくなり,業種によっては,販売品に景品等を付けることで,販売拡大を行おうとする傾向が強くなってきました。

この時代の,不当な景品の提供や不当な広告・表示による顧客誘引行動については,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(一般的に独占禁止法,独禁法などと呼ばれています)によって不公正な競争方法として規制の対象とされていました。

景品表示法制定の背景

ところが,昭和30年代に入り,技術革新による大量生産体制が進展すると販売競争の激化に伴って虚偽・誇大な広告等が横行するようになり,そのような虚偽・誇大な広告等から一般消費者を保護するという新しい観点からの特別法の制定が望まれるようになりました。

昭和35年に発生した「ニセ牛缶事件」(一般に市販されている牛肉の大和煮等と表示されている缶詰の大部分に馬肉や鯨肉が混入されており,牛肉を100パーセント使用している企業はわずかであったことが判明した事件)をきっかけに虚偽・誇大な広告等から消費者を保護しようとする観点は,さらに有力に唱えられるようになったのです。

次回も景表法についてお話させていただきます。

本日のブログは以上です。

スペシャリスト・ジェネラリスト

こんばんは。

弁護士の井川卓磨です。

 

突然ですが,弁護士にとってスペシャリストを目指すかジェネラリストを目指すかということは一つの分水嶺と言っても過言ではありません。

スペシャリストとは,特定分野について深い知識やノウハウを持っている人をいいます。

また,ジェネラリストとは,広範囲にわたる知識・ノウハウを持つ人のことをいいます。

法分野はさまざまであるため,全ての分野についての深い知識を取得し,ノウハウを習得するということは非常に困難なことです。

ある特定の分野でスペシャリストを目指すには,やはり当該特定分野に関する案件を数多くこなすことが必要です。

また,ジェネラリストを目指すには,特定の分野にこだわらず広い分野の案件をこなすことが必要です。

この2つを両立させることができれば1番良いのですが,先に述べたとおり,非常に困難なものです。

スペシャリスト,ジェネラリストどちらもそれぞれ優れた面もある一方で劣る面もあるのは事実であり,このどちらを目指すのかで悩む弁護士も多くいることでしょう。

ただ,いずれを目指すにしても,1番に大切なことは目の前で自分を頼ってくれる依頼者のために全力を尽くすことであり,その案件に全力で対応していれば自然と弁護士としての力量もあがってくるものです。

弁護士に依頼するという日常生活ではあまり起こり得ない状況の中,結果が大切なことはもちろんですが,依頼をした弁護士がどのくらい真剣に自分の案件に取り組んでくれているのか見ている依頼者は非常に多いことでしょう。

私がもし依頼者となる時には,全く親身でない弁護士に相談するよりも,悩みに寄り添ってくれる弁護士に相談したいと思うものです。

私は,私を頼ってくれる依頼者が私に依頼をしてよかったと心から思ってもらえるような弁護活動をこれからも続けていきたいと考えています。

 

本日のブログは以上です。

今後もよろしくお願いします。

 

診療報酬の改定について

こんにちは。

弁護士の井川卓磨です。

 

5月も終わりに差し掛かり,日中はずいぶん暑くなってきました。

季節の変わり目には体調を崩される方も多くいらっしゃいます。

名古屋では麻疹も流行しているということで,出かけるときはマスクをつけた方が良さそうですね。

 

体調を崩した際,病院に行って医師に診てもらうことがあると思います。

この時,診療の点数に応じて病院にお金が入る仕組みとなっています。

この診療の点数,いわゆる診療報酬というものは2年に1度厚生労働省によって改定されています。

一般の方がこの診療報酬を普段の生活であまり意識することはありませんが,医師や薬剤師などの医療従事者の間では,勉強会が開催されることもあるなど,注目される改定となっています。

 

今回は,一般にはあまり馴染みがありませんが,医療従事者にとっては注目されている診療報酬の改定について少しお話したいと思います。

平成30年の診療報酬の改定では,入退院支援の推進が行われるようになりました。

これは,住み慣れた地域で継続して生活できるよう,患者の状態に応じた支援体制や地域との連携,外来部門と入院部門との連携等を促進する観点から定められたものです。

これによって,入院を予定している患者が入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかをイメージでき,安心して入院医療を受けられるようになります。

この他にも,かかりつけ歯科医やかかりつけ薬剤師の機能の評価の見直しなど,地域連携の観点からの改定がされています。

 

2年に1度改定される診療報酬について常に網羅的に把握していくことは非常に困難です。

しかし,診療報酬の改定は,病院のお金事情に直結するものでもありますので,現実の医療に与える影響は大きいものとも思われます。

医療に従事する者や法律家だけでなく,一般の方にとっても興味をもって触れていただきたい分野であると私は思っています。

 

本日のブログは以上です。

今後もよろしくお願いします。

 

非弁行為について

こんにちは。

弁護士の井川卓磨です。

弁護士業を行っていると必ず耳にする言葉として,非弁行為というものがあります。

この非弁行為という言葉,一般的にはあまり知られていないものであることと思います。

弁護士法第72条には,「弁護士又は弁護士法人でない者は,報酬を得る目的で訴訟事件,非訟事件及び審査請求,再調査の請求,再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事務に関して鑑定,代理,仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い,又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし,この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は,この限りではない」と規定されており,非弁行為を禁止しています。

最判昭和46年7月14日において,非弁行為禁止の趣旨として「弁護士は、基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とし、ひろく法律事務を行なうことをその職務とするものであつて、そのために弁護士法には厳格な資格要件が設けられ、かつ、その職務の誠実適正な遂行のため必要な規律に服すべきものとされるなど、諸般の措置が講ぜられているのであるが、世上には、このような資格もなく、なんらの規律にも服しない者が、みずからの利益のため、みだりに他人の法律事件に介入することを業とするような例もないではなく、これを放置するときは、当事者その他の関係人らの利益をそこね、法律生活の公正かつ円滑ないとなみを妨げ、ひいては法律秩序を害することになるので、同条は、かかる行為を禁圧するために設けられたものと考えられる」と説明されています。

弁護士が行う弁護士業務は,厳格な資格要件をクリアし,さらに様々な規律に服す中で,行われています。

そうでない者に,自らの利益のため業としてみだりに法律事務を取り扱わせることは当事者や関係者ひいては社会生活上の法律秩序を害するおそれがあるため,非弁行為として禁止する,というものです。

非弁行為は,司法書士,行政書士などのいわゆる士業との関係で問題となることがあります。

もちろん司法書士,行政書士等が行う活動の全てが非弁行為にあたるわけではありませんが,弁護士との業際問題として,取り上げられることも多い分野です。

非弁行為については,弁護士のみならず相談者にとっても重要な関心事となり得るものであり,さらに議論が行われる分野でもあると思います。

このブログでは,またの機会に非弁行為に関する議論等についてもお伝えさせていただきます。

本日のブログは以上です。

ゴールデンウイークですね。

おはようございます。

弁護士の井川卓磨です。

世間はゴールデンウイークに入りましたね,里帰りをして,古い付き合いの友人と食事に行ったり飲みに行ったりして,近況や思い出話で盛り上がる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ゴールデンウイークに限ったことではないですが,弁護士同士でも食事に行くことや飲みに行くことがあります。

特に,同期で共に司法修習を過ごした(司法試験合格後,法律家になるための研修期間のことを「司法修習」といいます)仲間とは長い付き合いになるということも少なくありません。

弁護士が食事会や飲み会でどのようなことを話しているのか,もしかしたら興味を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

基本的には,古い友人に会ったようなもので,自身の近況報告であったり,思い出話であったり,一般的な食事会や飲み会と異なるところはないと思います。

ただ,弁護士同士で食事などをした場合にやはり一番話題になることは,法律のことでしょう。

最近出た最新判例に関することや,法改正に関わること,法律解釈に関する議論など法律に関係する話が一番多く出てくるような気がしています。

また,ニュースなどで話題になっている事柄について,自身の法的見解を述べたり,議論を交わしたりすることもあります。

いずれにしても,話しているとやはり法律が好きで,人の役に立ちたいと思っている人間が集まっているのだと再確認し,彼らに負けないように研鑽を積もうと気が引き締まる思いがするのです。

もちろん皆さんが集まってお話をする時にも,お仕事の話がでてくることでしょう。

弁護士にとっては,それが法律のことであるという違いがあるだけかもしれません。

ゴールデンウイーク後半は皆さんどのようにお過ごしになられるのでしょうか。

今回のブログを読んで,旧友と会いたいなと思っていただけた方もいらっしゃるかもしれません。

飲みすぎるなど健康を損ねることのない程度に,楽しんでいただければと思います。

それでは,今回のブログは以上になります。

明日から4月ですね。

こんばんは。

3月最後の金曜,土曜は,各地で送迎会が開かれた話を耳にします。

職場のみんなで思い出話や今後の抱負を語り,素敵なひと時を過ごされた方も多いのではないでしょうか。

そして,明日から4月になりますね。

部署が移動したり,新人が入社したりと新たな環境が始まります。

新人はきっと緊張して入社するのでしょう,自分もそうであったことをふと思い出します。

ところで,私は,新人が自らスーツのジャケットを脱いでネクタイを緩ませることが,会社に慣れてきたと判断する一材料としています。

みなさんはどうでしょう。

それぞれにどのような判断基準があるのか知ってみたいものです。

もしかしたら新人さんがこのブログを読んで,明後日から早速ジャケットを脱いでくれるかもしれませんね。

少しばかり楽しみにブログを書いています。

やはり,ブログというのはたくさんの方に見ていただけるものなので,内容にはこだわりを持ちたいものです。

私は,ブログであまり知られていない弁護士業務や,ブログを見ていただいた方のお役に立てる法律知識を提供していきたいなと考えております。

ただ,時には,弁護士業とは関連のない日常の話もしていければと思います。

今回がその代表例でしょうか。

多くの方に見ていただけるブログを書いていきますので,どうぞよろしくお願いします。

今回のブログは以上です。

 

依頼者本人特定事項の確認

こんにちは,通勤中電車から見える桜も少しずつ散ってきましたね。

3月最後の休日,お花見をしながらゆっくり過ごしたという方も多いのではないでしょうか。

さて,本日は,依頼者の本人特定事項の確認というものについてブログを書きます。

この依頼者本人特定事項の確認は,日弁連からの要請で弁護士に依頼をする依頼者の本人確認をするというものです。

もとは,マネーロンダリングなどが行われることを防止するために,犯罪収益移転防止法(犯収法と呼ばれています)という法律によって本人確認をすることが定められています。

弁護士は,本人確認をすることが法によって直接義務付けられているわけではありませんが,社会正義実現の担い手として,日弁連で犯収法に準拠した独自のルールを定立し,本人確認をすることに努めています。

本人確認として,依頼者と対面して運転免許証の提示を受け,写真と本人との同一性を確認する,という方法が一般的に多く行われているのではないでしょうか。

本人確認の方法は他にもあるのですが,それはまた別の機会にブログに書こうと考えています。

銀行や役所などで本人確認を受ける場合が一般的とは思いますが,弁護士に依頼する場合にも本人確認をお願いしておりますので,ご協力していただければと思います。

今回のブログは以上です。

 

自己紹介

弁護士の井川卓磨と申します。

このブログでは,一般にあまり知られていない弁護士の業務や活動,読者の方に役立てていただけるような法的知識,弁護士の平日や休日の過ごし方や日々感じていること等,さまざまな情報を投稿していきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

私は,現在,愛知県弁護士会に登録しており,名古屋市に本部を置く「弁護士法人心」に所属しています。

弁護士法人心は,東海地方や関東地方を中心に,総合的なリーガルサービスを提供しております。

私は,その一員として,日々依頼者様のために業務・活動をしております。

最近は,交通事故に遭われた被害者の方が,保険会社への対応に苦慮し,十分な治療や施術を受けることができていないという話も耳にします。

依頼者様の中にも交通事故で被害に遭われたという方は多くいらっしゃいますので,このような現状をなんとかできないかと,改めて身の引き締まる思いがいたしました。

弁護士は頼りになる

法的な問題に直面した多くの人にとって,そのように思っていただける職業でなければいけませんし,その一端を担えるよう自らも日々研鑽を積んでいこうと思っております。

本日の投稿は,以上です。

名古屋で弁護士をお探しの方はこちら